管理

読み込み処理は Kairyu.TableAttributeReader です。
実処理は Kairyu.TableAttributeFactory です。
  • TableAttributeReader はラッパークラスで、実ロジックは何も管理していません。関数の名前定義がしてあるだけです。同関数には TableAttributeFactory にある実ロジックへのアドレスが登録されています。

テーブル名

クラス名を複数形に変えたものがテーブル名となります。
クラス名に使用された大文字、小文字はそのまま使用されます。
  • Oracleなどのテーブル名の大文字、小文字を区別しないDBMSの場合、単語の区切りがよくわからなくなりますので、名前生成処理を差し込んでください。

名前空間

クラスの名前空間にModels という区切りがあった場合、以降の文字列をテーブルの名前空間とします。
同区切りがない場合、名前空間なしとします。
  • クラス正式名が「SampleProject.Models.TestUser.TestClass」の場合、名前空間は「TestUser」になります。

Last edited Jan 19, 2013 at 8:03 AM by mk3008, version 5

Comments

No comments yet.